脱毛・除毛の皮膚トラブルと対処方法

除毛脱毛の皮膚トラブル

「脱毛したい。」

「除毛したい。」

「毛深さとオサラバしたい。」

と考えた時に、

方法は色々とあります。

 

ありますが!

 

知っておきたいのは、

“失敗した場合最悪どうなるのか?”

ですよね。

 

そこでここでは、脱毛・除毛に関する 各皮膚トラブルの症状と対処について ご紹介したいと思います。

主要な皮膚トラブルは以下の4つです。

・痒み

・色素沈着(しきそちんちゃく)

・埋没毛(まいぼつもう)

・毛膿炎(もうのうえん)・(毛包炎)

 

ではそれぞれについて、症状と対処を説明してきましょう。

 

・痒み : 

皮膚に軽度のダメージが溜まっている証拠ですね。

原因は、様々考えられます。

>毛抜きで抜いた毛穴からばい菌が入った。

>カミソリで皮膚の表面が剥がされ過ぎた。

>脱毛クリームで脂分が溶かされた。

 

いずれにせよ、皮膚のバリア機能が落ちて乾燥している状態なので、

対策としては、兎(と)にも角にも、

 

『保湿』

 

して下さい。

(もちろん、現在やっている「除毛・脱毛行為」は一旦やめて下さいね。(^^;)

 

保湿剤としてのベストなのは、 専用品を使うことですが、 (除毛処理から来る皮膚トラブルに合わせたケアをしてくれるので)

市販のローションや乳液でもOKなので、 (やらないより良いので) しっかり「保湿」していきましょう!

(注意:当たり前ですが、痒くても掻かないようように! 保湿すれば痒みも収まります。)

 

・色素沈着 : 

繰り返しの皮膚刺激によって皮膚が黒くなる事があります。

メラノサイトという色素細胞は刺激を受けると、 メラニンを生産します。

 

日焼けですね。

 

これが(除毛処理などの)刺激で部分的に起きたのが色素沈着です。

(日焼けの場合は、UVという刺激に反応しているわけです。)

 

色素沈着は、炎症とかに発展しませんが、しばらくは治りません。

 

対応としては、基本的には代謝されるのを待つしか無いです。

 

できることは、

・栄養摂取と運動など規則正しい生活

・皮膚のターンオーバーを高める(と言われる)スキンケア用品を使う

・それでもダメなら病院に行く

 

くらいです。

 

なんにせよまずは、除毛処理を止めて保湿して下さい。

時間はかかりますが代謝されて薄くなっていきます。

 

・毛膿炎(もうのうえん)、毛包炎

毛穴に雑菌や細菌が侵入することによって炎症を起こします。

一見、赤ニキビにみたいに見えます。 (やや痛みを伴うこともあり)

 

対応としては、清潔にして、刺激を与えないようにすれば治癒していきます。

(ただし、それでも症状が酷い場合は、感染の疑いがあるので病院に行ったほうが無難でしょう。)

 

・埋没毛 : 

皮膚内に毛が埋まってしまう現象です。

カミソリ処理の場合に多いですね。

ほっとけば自然に代謝されるので問題ないです。

 

ただし、カミソリ処理でできた埋没毛は、痛みや炎症につながることもあるようです。

(毛先が尖って、皮膚中に刺さりやすいので。)

 

痛みがあるとか、どうしても気なるなら病院で抜いてもらいましょう。

(当然ですが、自分でほじくらないほうがいいです。ばい菌が入って、炎症の原因になります。)

 

 

以上です。

 

皮膚トラブルが起きるは、あなたとその除毛方法の相性の悪さだけが原因ではなく、

そのやり方自体にも問題があるかもしれません。

 

ですから、皮膚トラブルが起きたら、

除毛方法の見直しだけではなくて、

自分の肌をいたわる方法も探してみて下さい。

 

共に、モテ腹ライフを実現していきましょう(´▽`)ノ

 

>>ムダ毛処理初めての方へ

ヘッド2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『脱毛クリーム』の使い方・コツ!

『脱毛器』実践3ヶ月後…!

【あなたに僕が腹毛処理をおすすめしてるワケ】

【まずは安く簡単に腹毛処理したい方向け!】

【自宅で安く脱毛したい人向け!】

【確実に脱毛したい方向け!】

【楽しく脱毛したい方向け!】

PAGE TOP