女のギャランドゥ(腹毛)処理におすすめ!薄くする方法。

女のギャランドゥ(腹毛)処理方法

「女なのにギャランドゥ(腹毛)が濃いなんて。。もぅ嫌。」

そんな悩みを抱いてませんか?

「でも、処理したいけど、常にツルツルにするとなると、
お金も手間がかかるだろうし、肌への負担がかかる・・」

そんなあなたに、
おすすめの除毛処理方法をご紹介します。

◯女のギャランドゥ(腹毛)除毛方法

ムダ毛処理方法には、一時的な「除毛」と永久に生えてこなくなる「脱毛」があります。
ここでは「除毛」の方法を紹介します。

(*除毛を続けても、毛が生えてこなくなったり、薄くなっていくことはありません。
その代わり、脱毛に比べて安く、早く処理できるのが特長です。)

・カミソリでそっている?

カミソリで剃ることを考える人は多いでしょう。

しかし、実は肌への負担は大きく、
剃ると「毛が太く見えるようになる」、「少しサボるとチクチクする」、
などデメリットの多いムダ毛処理方法といえます。

それに、カミソリはしっかり消毒しないと、ばい菌の宝庫になっています。
それで、肌を傷付けると、炎症を起こす可能性も高いのです。

・毛抜きで抜いている?

部分的に、毛抜きで抜いているという人のいるでしょう。

しかし、これは一番肌に負担がかかる方法です。
毛穴からばい菌が入って「ニキビ」になることもありますし(毛包炎)、
毛が皮膚の下で伸びていって「埋もれ毛」になってしまうこともあります(埋没毛)。

また、毛抜きを使わずとも、
「脱毛ワックス」や「電動毛抜き」を使えば、
一本一本抜くより早いので楽ですが、
皮膚トラブルのリスクは同じなのでオススメはしません。

・おすすめは除毛クリーム

おすすめの除毛方法は除毛クリームを使用する方法です。

「除毛クリーム」は、毛の結合を緩めて、毛を処理する方法です。

よく「毛を溶かす」と言われていますが、
正確に言えば、毛は溶けません。
毛の結合を緩めて、拭き取ることで、ちぎっているのです。

主成分のチオグリコール酸カルシウムが、毛の結合(シスチン結合)をゆるくすることで、切れやすくします。
(この成分は、パーマ液の主成分と同じです。)

だから、除毛クリームをムダ毛に塗って、毛がチリチリになった後(切れやすい状態)
拭きとってあげると、毛が根本で切れるのです。

しかも、クリームなので、毛に塗るだけだから、簡単だし、
腹毛だけでなく、太ももの裏や、背中など、自分では手の届きにくい部分の除毛にも最適です。

さらに、美容成分の配合されている除毛クリームを選ぶことで、
むしろ肌がキレイにしたり、白くしたりすることもできます。

(*ただし、化学薬品ではあるので、肌に合わない場合はあります。
事前のパッチテストは実施するようにしましょう)

美容成分が豊富に配合されたおすすめの除毛クリームの紹介はこちら
>>「女のギャランドゥ(腹毛)処理におすすめの除毛クリーム。」

ギャランドゥ(腹毛)なんかに悩まされることなく、今よりもっとキレイになっちゃいましょう(´▽`)ノ

永久脱毛について方法についてはこちらで紹介しています。
>>「ムダ毛処理初めてのあなたへ」

>>「ギャランドゥ(腹毛)処理初めてのあなたへ」

ヘッド2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『脱毛クリーム』の使い方・コツ!

『脱毛器』実践3ヶ月後…!

【あなたに僕が腹毛処理をおすすめしてるワケ】

【まずは安く簡単に腹毛処理したい方向け!】

【自宅で安く脱毛したい人向け!】

【確実に脱毛したい方向け!】

【楽しく脱毛したい方向け!】

PAGE TOP