ムダ毛処理方法一覧

ムダ毛処理方法
「ムダ毛処理」と言っても、
方法は色々とあります。

ここでは各ムダ毛処理方法の詳細とメリット・デメリットをまとめました。

是非、自分にあったムダ毛処理方法を見つけて見て下さい!

脱毛と除毛の違い

ムダ毛の処理方法には大きく分けて

『除毛』 『脱毛』 の2つの方法があります。

 

 『除毛』は、一時的に毛を処理する方法です。

効果は一時的で、毛はまた生えてきますが、簡単にできて、費用が安いのが特徴です。方法は、
毛抜き、カミソリ、除毛ワックス、除毛クリーム
があります。


 『脱毛』永久に毛を生えてこなくする(または、薄くする)方法です。

処理には時間がかかり(数年~)、費用も高いですが、効果は一生続きます。方法は、
脱毛器、脱毛エステ、医療レーザー、(針脱毛)があります。

(“針脱毛”は毛根部にハリを刺して、電気を流して毛根を死滅させる方法です。
しかし、激痛や手間の問題から、今では医療レーザーの方が主流となっているようです。)

 

それではそれぞれの方法について詳しく見て行きましょう。

 

『除毛』方法

毛抜き

147413
コスト

◎◎
毛抜きさえあればOK(数百円~)

処理時間 ☓☓
~数時間(一本一本抜くので手間)
痛み ☓☓
抜くので痛い
持続時間
~数週間
皮膚へのリスク 毛穴が広がる、赤いブツブツ(毛包炎)
実施場所 自宅
実施条件 掴める程度の毛の長さが必要

(詳細)


自分で一本一本抜く方法です。

費用が安く、手軽にできますが、痛み伴い、時間がかかります。

“抜く”ので効果は持続しますが、毛穴が広がるので、ボツボツになるリスクや、
抜くときの刺激で炎症になる恐れがあります。

時間があって、ピンポイントでムダ毛処理したい場合においては、むいているかもしれません。

 

カミソリ

4c4fda27ff7e039e75538f9c988d1b20_s
コスト
カミソリと潤滑剤代(数百円~数千円)
処理時間
~1時間
痛み
剃るだけなので痛くない
持続時間
~数日間
皮膚へのリスク 毛が太くなる、埋没毛、カミソリ負け
実施場所 自宅
実施条件 カミソリ負けする敏感肌NG
 

(詳細)
痛みもないし、安いし、すぐにキレイになるポピュラーな方法ですね。

ただし、毛をカットするだけなので、すぐに生えてきますし、
毛の断面が鋭利になっているので、生え始め時にチクチクします。

カミソリ負けしなくて、継続的にカミソリで処理できるなら向いるかもしれません。

 

除毛ワックス

脱毛ワックス
コスト
数千円~
処理時間
1回~10分
痛み ☓☓
抜くので痛い
持続時間
~数週間
皮膚へのリスク 毛穴が広がる、赤いブツブツ(毛包炎)
実施場所 自宅、エステサロン
実施条件 ワックスに付く程度の毛の長さが必要
(詳細)

温めた水飴のようなワックスを肌に塗って、
その上に紙を乗せて、乾かしてから、一気に引き剥がす方法です。

抜くので痛みと炎症リスクは伴いますが、スピーディで効果の持続が見込めます。
短時間で、高いレベルでツルツルのなりたい場合、最適でしょう。

 

除毛クリーム

682d28d09d305ca9921f4de0d4c7d20e_s
コスト
数千円~
処理時間
1回~10分
痛み
毛を溶かすだけなので痛くない
持続時間
~1周間
皮膚へのリスク 除毛剤の皮膚ダメージ
実施場所 自宅
実施条件 クリームが肌に合わない場合NG
(詳細)

毛を溶かす成分が入ったクリームを塗る方法です。
無痛で効果の持続も期待できます。

(毛根までには入り込まないので、脱毛はできません。)

カミソリよりも、コストはやや上がるけど、簡単で効果が地蔵するという意味で、
カミソリのワンランク上の除毛方法という位置付けです。

>>「除毛クリームランキング」はこちら

 

 

『脱毛』方法

脱毛器

メンズケノン_gyarandwu
コスト
数万円~(使用回数は有限)
処理時間
1回数十分
痛み
光で毛根を焼くので痛い
持続時間
~2週間(だんだん少し薄くなる)
皮膚へのリスク 毛穴が広がる、火傷(炎症)(光タイプ)
実施場所 自宅
実施条件 日焼け無い方が良い
(詳細)
光で毛根にダメージを与える方法で、毛が生えてこないようにしていきます。

サロンでやる光脱毛や、クリニックでやるレーザー脱毛と同じ原理です。
サロンやクリニックに比べて、出力は大幅に弱いですが、自宅でできるのが利点です。

価格は、脱毛器は数万円~でサロンやクリニックより安いですが、照射回数は有限で、専用カートリッジを買い換える必要があります。
効果とランニングコストからコストパフォーマンスを見極める必要があります。

(熱線脱毛方式という熱を用いたものもありますが、光タイプよりも値段は手頃ながら効果は低いようです。)

 

脱毛器のスペックを比較と、おすすめの脱毛器についてまとめはコチラ。↓

>>「おすすめの脱毛器」はこちら

 

実際に脱毛器で腹毛を脱毛した様子はコチラ。↓

>>「脱毛器”ケノン”で腹毛脱毛実体験レビュー」

 

脱毛エステ

2eaf68c9f246ffa0903ac730a126bbf3_s
コスト ☓☓
10~20万(全身の場合)
処理時間 ☓☓
1回1~2時間
痛み
光で毛根を焼くので痛い
持続時間 ◎◎
2~3ヶ月に一回(1~2年通えば、薄くなる)
皮膚へのリスク 毛穴が広がる、火傷(炎症)
実施場所 エステサロン
実施条件 施術に合わせてある程度生やす必要あり、日焼けNG
(詳細)

IPL方式とSSC方式とがあります。

IPL(インテンス・パルス・ライト)方式は、光で毛根にダメージを与える方法で、毛が生えてこないようにしていきます。
クリニックでやるレーザー脱毛と同じ原理です。
クリニックに比べて、出力は弱いですが、費用が安いです。

SSC(スムース・スキン・コントロール)方式は、肌に抑毛成分ビーンズの入ったジェルを塗って、光を照射すると、光に反応して抑毛成分が毛根に浸透するというものです。
IPL方式に比べて、痛みや肌へのダメージは少ないですが、効果も低いです。

>>「脱毛エステサロンランキング」はこちら

 

医療レーザー

e8cb64ed850596620255f5ba3e43bd98_s
コスト ☓☓☓
40~50万円(全身の場合)
処理時間 ☓☓☓
1回1~2時間(完成するのに約2年)
痛み ☓☓☓
レーザーで毛根を焼くので痛い
持続時間 ◎◎◎
2~3ヶ月に一回(1~2年通えば、生えてこない)
皮膚へのリスク 毛穴が広がる、火傷(炎症)
実施場所 クリニック
実施条件 施術に合わせてある程度生やす必要あり、日焼けNG(厳禁)
(詳細)

レーザーで毛根を破壊する方法で、毛が生えてこないようにしていきます。

脱毛器やエステサロンの光方式よりも出力が強いレーザーを使うので、医療機関でしか実施できません。

その他の脱毛方法に比べて高い効果が効果が期待できる分、費用は高く、痛みも伴います。
(痛みは輪ゴムを弾かれる程度ですが、医療機関なので希望すれば麻酔も使ってもらえます。)

目安ですが、
期間は約2年(1~3年)、
相場としては、約40~50万(全身脱毛の場合)
くらいかかります。

光やレーザーの脱毛処理は、毛の色素(メラニン)に反応しますので、基本的に日焼けNGです。

日焼けは、皮膚中のメラニンが増えている状態なので、そこへ光照射すると肌へのダメージも増えることになります。

同じ理由で、地肌の黒い人は出力を落としながら照射する必要があるため期間(施術回数)が長引く傾向にあります。

 

まとめ


脱毛処理は永久性がありますが、費用が高いのが難点ですね。

ということで、
脱毛に興味がある場合は、

「まずは『除毛』で処理しておいて、
お金を貯めて、『脱毛』に踏み切る。」

という流れが、最も一般的です。

是非、自分にあったムダ毛処理方法を見つけてみてください!

>>ムダ毛処理初めての方はコチラ

ヘッド2

『脱毛クリーム』の使い方・コツ!

『脱毛器』実践3ヶ月後…!

【あなたに僕が腹毛処理をおすすめしてるワケ】

【まずは安く簡単に腹毛処理したい方向け!】

【自宅で安く脱毛したい人向け!】

【確実に脱毛したい方向け!】

【楽しく脱毛したい方向け!】

いつも応援ありがとうございます!

PAGE TOP