ギャランドゥ(腹毛)が濃いとハゲやすい!?体毛と禿げの関係性

腹毛が濃いとハゲる?

体毛(特に腹毛や胸毛)が濃い中年男性(オッサン)は、
ハゲ頭が多い印象ないですか??

では、

ギャランドゥ(腹毛)が濃いと「はげる」のか?

ここではその真相に迫りたいと思います。(`・ω・´)

●ギャランドゥ(腹毛)が濃いと、ハゲにリーチがかかっている!?

まずここで言っている“ハゲ”とは、
「デコから頭のてっぺんにかけて薄毛になっていく
“典型的なオヤジハゲ”」
を指すことにします。

(10円ハゲとかではなく)

これを正式には“男性性脱毛症(AGA)”と言います。

このAGAの発症メカニズムは、近年の医学的研究によって、明らかにされてきています。

それには“2ステップ”あります。

①“男性ホルモン(テストステロン)”が分泌される

②“男性ホルモン”が、“5αディダクターゼ”という酵素と結びついて“5αDHT”というハゲ物質になる

そしてこの「ステップ①男性ホルモンの分泌」は、
腹毛を濃くするのです。

(*腹毛は“性毛”に分類されます。性毛は、男性ホルモンによって濃くなる毛です。
ちなみに、髭、胸毛、陰毛も性毛です。)

つまり、

ギャランドゥ(腹毛)が濃いと、必ずハゲるというわけではない

ですが、

ギャランドゥ(腹毛)が濃いと、ハゲにリーチがかかっていると言える

というわけです。

●男性ホルモンの分泌量は、今からでも調整できる!?

「ギャランドゥ(腹毛)が濃いけどハゲたくない!」

そんなあなたのために対処方法をお教えします。

まず、「AGA発症メカニズムのステップ①男性ホルモンの生成」を抑制する方法を考えてみましょう!

男性ホルモンの分泌は、
生まれつきの遺伝要因と、
後から変化する生活要因があります。

遺伝はどうしよもうないですが、
生活習慣なら改善できますよね??

具体的には次のような男性ホルモンの分泌を促す生活習慣を改めましょう。

・肉ばっかり食べる
・過酷な筋トレ
・ストレス

または、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す行動も、
男性ホルモンのバランスを下げる意味で有効です。

・大豆食品を摂る
・睡眠時間を十分とる
・身体を冷やさない
・恋する(笑)

●それでもハゲるときの対処方法!“5αDHT”の生成を予防する!

次に、「AGA発症メカニズムのステップ②ハゲ物質“5αDHT”の生成」を抑制する方法を考えてみましょう!

その方法は、
医者に相談することです。

AGAの発症(ハゲ物質“5αDHT”の生成)は、薬で抑制できます。

具体的には、“フィナステリド”という物質を摂取することで、
“5αディダクターゼ”(男性ホルモンからハゲ物質を作る酵素)の働きを阻害する事ができます。

“フィナステリド”を配合した薬は“プロペシア”などがあります。

この薬をゲットする方法が、
医師に処方してもらう方法の他に、
海外から輸入する方法もあります。

しかし、
薬でどの程度治るのか、や
副作用の心配もあるので、
最初は医師に相談することをオススメします。

僕たちは共に、モテ腹ライフ、髪フサフサライフを実現していきましょう(´▽`)ノ

>>「ギャランドゥ(腹毛)処理初めてのあなたへ」

 

ヘッド2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『脱毛クリーム』の使い方・コツ!

『脱毛器』実践3ヶ月後…!

【あなたに僕が腹毛処理をおすすめしてるワケ】

【まずは安く簡単に腹毛処理したい方向け!】

【自宅で安く脱毛したい人向け!】

【確実に脱毛したい方向け!】

【楽しく脱毛したい方向け!】

PAGE TOP