できるビジネスマンが腹毛処理する理由!脱毛は社会人マナー?

ビジネスマン腹毛処理

脱毛は、お金もかかるし、時間もかかります。

それでも、脱毛しようという男性はナルシストなのでしょうか??

いいえ、違います。

彼らは、
「仕事のできるビジネスマン」
なのです。

ここでは、その理由として、
男性が脱毛する理由、仕事ができるビジネスマンの特徴、ビジネスで脱毛が有効なシーンについて
お伝えしようと思います。

(今、脱毛しようとは思っているけど、ビジネスマンではない(働いていない)人も、
「仕事ができるビジネスマン」としてのポテンシャルを持っているということなので、
こっちサイドの男として、「あるあるネタ」として読み流してみてください(´▽`)ノ)

●“毛”を整えるのはビジネスマナー?

一般的なビジネスマナーとして、
髭をムダばやし(無精髭)はNGとされています。

(会社によって違いはありますが、“働く会社がまだ決まっていない就活生たち”の中に髭を生やしている人がほぼいないのが、
ビジネスではヒゲNGという暗黙のルールがある証拠と言えるでしょう。)

なぜ無精ヒゲNGなのか?

それは、「清潔感がないから」です。

「身だしなみ」の一環として捉えられているワケです。

では、
ビジネス関係者に「腹」を見せる機会があれば、
「腹毛処理もビジネスマナー」と言えるでしょう。

●ビジネス関係者に“腹”を見せるシーンとは?

では、腹を見せる機会とは具体的に何があるでしょうか?

例えば次のようなシーンがあります。

1.サウナ

欧米などでは
ビジネスパートナと一緒にサウナに行くことも一般的なようです。

2.ジム

“職場が近い(同じ会社)”、
または、
“同じくらいの稼ぎのある”ビジネスマンが、
同じジムの会員であることは、よくある話です。

この時に、汗を流した後、シャワーやサウナで同席することもあるでしょう。

3.ゴルフ

ゴルフ場には、大抵、大浴場があるものです。

ラウンドで回らない、冬場、家がゴルフ場から近い
などの理由で入浴しない場合も有るようですが、

コンペなどで、接待相手が入浴するケースではなかなか断れないでしょう。

これらの、ビジネス関係者との裸の付き合いが求められるシーンでは、
普段は露出しないお腹も、「清潔感」を左右する大きな要素になります。

「できるビジネスマン」は、
これらシーンを見越して、
相手へ不快感を与えないことを考慮し、
「身だしなみ」の一環として、
ギャランドゥ(腹毛)を処理しているのです。

僕たちは、できる男として、清潔感のある身だしなみを身につけて行きましょう!

そして共に、モテ腹ライフを実現していきましょう(´▽`)ノ

>>「ギャランドゥ(腹毛)処理初めてのあなたへ」

ヘッド2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『脱毛クリーム』の使い方・コツ!

『脱毛器』実践3ヶ月後…!

【あなたに僕が腹毛処理をおすすめしてるワケ】

【まずは安く簡単に腹毛処理したい方向け!】

【自宅で安く脱毛したい人向け!】

【確実に脱毛したい方向け!】

【楽しく脱毛したい方向け!】

PAGE TOP